このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]
このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

BCG予防接種とコッホ反応

こんばんは!ただいま料理の合間に記事を書いております笑。最近真面目な記事を書いてなかったのでここでちょっとでも真面目に書いて汚名返上しようと思い立ちました(=゚ω゚)ノ

先日ですね、また長男坊のはるちゃんの予防接種を受けてきました。前回の予防接種でヒブと肺炎球菌、四種混合、B型肝炎を接種して、B型肝炎はまた10ヶ月検診のときに2回目を受けることになってまして、ヒブと肺炎球菌と四種混合は今度は1歳になってから…ということでした。

そして今回は前回の予防接種から2週間開けてBCGの予防接種を受けてきました。実は私的にこのBCG予防接種が、肺炎球菌の予防接種の次にちょっと心配しているものでもありました。
というのも、肺炎球菌の予防接種についても、以前はそこまで心配はしてなかったのですが、とあるニュースで、肺炎球菌の予防接種を受けた子供が接種部分に壊死を起こしたというのをみて一気に不安になってしまったというのがあります。まぁそういう副作用というのは極めて稀らしいのですが、そういうのを聞いてしまうとやっぱりずっと心配してしまいますね。。。

そしてBCGについては、接種した部分がジュクジュクしたりとか、接種した部分を引っ掻くといけないらしいのでそういうのは大丈夫かな~とかいろんな不安がありました。

予防接種を受ける前の日に実家の親から、ツベルクリンは受けるの?と聞かれ、あれ?そういえばツベルクリンとかあったな~それってどんなのだったっけ?受けないといけないものなの?というか病院からはBCGのことしか聞いてないけどな~と思いながら、即、調べてみました。

すると、ツベルクリンは平成17年の4月に制度改正があり、検査不要になっているとのことでした。というのも、ツベルクリン反応の検査は、結核菌にかかったことがあるかを検査するものなのですが、生後数ヶ月の赤ちゃんが結核にかかることは稀なので、検査することがなくなってしまったらしいです。それでも、ごく稀に生まれたときから結核菌をもって生まれてくる赤ちゃんもいるらしいので、そういう赤ちゃんが、BCG予防接種をうけるとコッホ反応と呼ばれる現象が起こる可能性があるそうです。

通常BCGを接種して10日後くらいに接種部部が赤くなり、その後1~2ヶ月経つと注射した部分が炎症を起こすが、3ヶ月頃には落ち着くと言われています。しかし、コッホ反応は、3日程度で接種部分が赤くなるんです。通常よりも早く赤く腫れ上がるのがコッホ反応というわけですね。
またコッホ反応の場合、赤くなるだけではなく、早い段階から腫れたり化膿したりするそうなので、接種後は注意深く接種部分を観察しておく必要があるとのこと。

うーん、こういったことを知るとますますBCGが不安になってしまいますが…。まぁこれも予防のためと思って重い腰をあげて受けにいきました。はんこ注射ってほんとにスタンプみたいに針をぽんぽんと押し付ける注射なんですね(°_°)
私は子供のとき諸事情でBCGを受けられなかったので、今回初めて見ました。小さな針がいっぱいついているスタンプ方の注射をぎゅーって押し付けるはんこ注射。。。めっちゃ痛そうですね。゚(゚´Д`゚)゚。
長男坊が泣くのがわかります。。。痛いよね、うんうん(つД`)ノ

そして経過観察してますが、今のところは少し痕が残っている程度で、特に反応らしい反応はないようです。予防接種って子供にとっても痛い注射で毎回辛いですが、お母さんにとってもいろいろ心労があって大変ですよね^^;

それでは今日はこの辺で!次回もよろしくお願いします^^
スポンサーサイト


予防接種 | 【2017-08-08(Tue) 20:03:13】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © はるまま@の育児日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。