このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-) | [編集]
このエントリーをはてなブックマークに追加ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最後の切り札は帝王切開??

おはようございます!さて昨日の続き書きますね!

陣痛促進剤を使ったことで非常に強い陣痛の波が来て吐き気とも闘わなくてはならなくなってしまいました(>_<)
ですが実際吐いたのは2、3回くらいであとは自然と治まって来ました。ちょうど吐き気があまりなくなったときが子宮口が開き始めたようです。

でもまだ分娩台に移動出来ないんです。こんなに苦しいのに。。。一体いつになったら分娩台に行って産めるの?

もう強めの痛みが来ると痛みをどこにも逃がせず、促進剤の点滴にもつながれているので容易に姿勢を変えることも出来ない…というか痛くてもはや暴れまわるのみという感じでした(T_T)

その時の私は唯一あることに希望をもっていました。それは…「最終的には帝王切開があるから大丈夫!」ということです。

そりゃあ普通に考えたら帝王切開とか怖過ぎてやりたくないって思いますよ?
でもあの強烈な痛みから逃れられるなら帝王切開になってもいい!むしろ早く切って下さいって思ってしまうんです。。。

それに、あまりの痛さに精神や体力の限界も近付いているのが自分でもわかりましたし、周りから見ていても会話もできるような状態ではなくのたうち回っているわけなので、絶対最終的には担当医からこの子はもうダメだ!帝王切開に切り替えよう!って言われると思ってました。
だからそれまで耐えて頑張ろうって。あの苦しみの中での唯一の希望が、先生が帝王切開しましょう!って言ってくれることだったんです。

しかしその言葉が私にかけられることはありませんでした。なので私はもう早く産んでしまいたくて、その場でいきみ始めました。

すると、担当医が来て、「お、いいね〜それを待ってたんだよ。さぁ分娩台に移動させて!」とおっしゃったのです。

なんというかその一言でまだ産んでもいないのに、すごく救われたようなホッとしたような気持ちになったのを覚えています。
あ〜ようやく産めるんだ、やっとこの苦しみから解放されるときが来たという思いでしょうか( ;∀;)

これは出産後に家族から聞いた話なのですが、あのとき担当医は「もう子宮口が3センチ開いてるんだから帝王切開なんて絶対しないよ!」と言っていたそうです!(◎_◎;)

もしそれを私が聞いていたらきっともう絶望的だったと思います。帝王切開しないってどういうこと??だったら私はいつまで頑張ればいいの??と終わりの見えない苦しみに絶望してきっともう頑張れなかったと思います。
それくらい予想をはるかに超える陣痛でした…。

また長くなってしまいましたね。では次回はついに分娩台に上がって長男坊の誕生までいける…はず笑。次回もよろしくお願いします!
スポンサーサイト


出産 | 【2017-06-25(Sun) 10:30:00】 | Trackback(-) | Comments:(0) | [編集]
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Copyright © はるまま@の育児日記 All Rights Reserved. Powered By FC2. 
skin:*cuteblog*   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。